2016-08-22

奥田ここ「和食の基本」9月 『醤油と出汁、2種のイクラ漬け作り』


生筋子からイクラ漬けを作りましょう!今回は醤油漬けと出汁漬けとの2種類のイクラ漬けのご紹介です。
作った漬けは丼に、そのほか舞茸と梨の和えものと納豆汁を作ります。

秋のはじまりにぜひともいただきたい、粒も小さく皮もやわらかい生の筋子を使ってイクラの漬けを作ります。
イクラ漬けは試食の他にお持ち帰り分もご用意いたします。
そのほか、舞茸と梨を合わせたさわやかな和えものと、味噌・大豆・油揚げ、大豆の旨みを重ねた味噌汁を作ります。




いつもの和食が確実にグレードアップすると大好評の「和食の基本」。
築地で仕入れた新鮮で上質な旬の食材を使って、
野菜の下処理、だしの取り方、ごはんのとぎ方や炊き方など、知っているつもりの基本を、
江戸懐石を習得した奥田ここ先生に、イチから徹底的に学ぶレッスンです。



■開催日時■
2016/9/10(土)11:00~14:30 
※見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
 進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。


■献立■


・生筋子からの2種類のイクラ漬けづくり

生筋子のほぐし方や手作り漬け汁の作り方などをご紹介いたします。
一つは醤油漬け、もう一つは淡い旨みをまとわせて出汁漬けです。
また手作りイクラ漬けのお持ち帰りもご用意いたします(約100g相当)。ご自宅でもぜひお楽しみくださいませ。


・イクラ丼
米の研ぎ方、直火でのごはんの炊き方のご紹介とともに、新米と一緒にいただく漬けイクラの丼です。

・舞茸と梨の和えもの
舞茸に、梨の風味をそえたさわやかなひとしなです。

・納豆汁
味噌、大豆、油揚げ、大豆の旨みを重ねた味噌汁です。





※仕入れの状況によっては一部材料に変更が生ずることもありますので予めご了承下さい。
※一部献立は事前に用意をしたものを使用し、デモンストレーションと実習を行います。
※レッスンの最後には皆さんで楽しく試食会をいたしましょう。試食は1食分相当をご用意します。
※お好きなお飲み物の持込okです。








■参加費■
7,000円(税込・材料費込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。

■持ち物■
エプロン
タオル
筆記具
タッパー/保存瓶などしっかり密封出来る容器
保冷剤
保冷バック

■講師 : 奥田ここ■
外資系コンサルティング会社に勤めるかたわら懐石料理を学び、またイタリアでの滞在を通して家庭料理の手ほどきも受ける。
築地市場を「師」と仰ぎ、現在は旬の食材を中心にした「和食」及び「イタリア料理」の料理教室を主宰するほか、出張教室や屋外での青空教室、外国の方の参加など、個別の要望にも応じた教室開催もしている。
その他、食材産地での取材や食に関する様々な話題の企画・執筆にも取り組むほか、ホームパーティーなど小規模なケータリング料理の提供も行っている。
趣味は世界各地の市場めぐり・茶道(裏千家)・サッカー・大相撲観戦・写真。好物の風味は煎り酒、素材の味を大切にし、無駄なく使いきる献立作りを心掛けている。

■お申し込み方法■
件名に「和食の基本 9月」と明記の上、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
yoyaku@al-tokyo.jp
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。

!!注意事項!!
●平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。一両日を目安にはしておりますが予めご了承ください。
●PCからの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。ご予約の可否に関わらず頂いた申込メールには、必ずメールにてご返信差し上げておりますので、3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
●携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
● eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。お申込メールにそのまま返信とさせて頂きます。
●お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
●催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
●その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

■会場■
AL 2F kitchen studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
℡03-5722-9799
www.al-tokyo.jp
※東急東横線代官山駅より徒歩5分、鎗ヶ崎交差点より2分、駒沢通り沿いファミリーマートの真裏です

■主催■
奥田ここ

クリトモ教室 @ AL 9月13日(火) 平日夜のスパイス料理 「旬の秋刀魚でインドカレー」





旬の秋刀魚を使ったインドカレー

平日夜のスパイス料理
「旬の秋刀魚でインドカレー」

平日の夜、仕事が終わったあと
ビールを飲みながらのんびりレッスンを見学。
最後に、元気がでるスパイス料理を食べて2時間ちょっとで帰る。
という大人気の平日夜のレッスンです。

今回は旬の秋刀魚を使ったインドカレー。
付け合わせは魚のカレーにぴったり、甘いさつまいものスパイス炒め。
スパイスのお土産付きでお待ちしております。
是非ご参加ください。


開催日
9月13日(火) 19:0021:30 までに終了予定  
試食を含め、最大2時間半のレッスンになります。 

レッスン内容 
見学のみ
秋刀魚カレー
スイートポテトマサラ(さつまいものスパイス炒め)

持ち物
筆記用具
お酒のお持ち込み大歓迎!

参加費 
5,000円(税込、材料費、試食、おみやげ代込み
当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。




≪お申込み≫
件名に 「クリトモ教室 9月13日 」 と必ず記載し、
ご希望日、お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 
までメールにてお申し込みください。追って確認のメールを致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
※携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。 申込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。 予約の可否に関わらずメールの返信はしておりますので   3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合は、お手数ですがお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

≪講師≫
栗原友
料理家。国内外問わず、旅をして出会った料理を手軽にできるようアレンジし、そのレシピを各雑誌や、日本全国で開催中の料理教室で発表している。一方でASEANフード大使を務め、東北復興支援「六県ロールプロジェクト」にも参加。現在扶桑社「ESSEクリトモ食堂、朝日新聞デジタル『&Wクリトモのさかな道、小学館「Oggi"働く女のささっと!旬ごはん"、宝島社「otonaMUSE"栗原友の「なるほど!」と言わせる旬の一皿"、枻出版「暮らし上手」"サカナ日和"連載中。料理研究家、栗原はるみの長女



≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

≪主催≫
栗原友料理教室「クリトモ教室」
お問合せ先:school@kuritomo.co.jp
ホームページ:http://kuritomo.co.jp
Facebook料理教室ホームページ:https://www.facebook.com/kuriharatomocooking/
インスタグラム:https://www.instagram.com
栗原友インスタグラムアカウント:kuri__tomo(アンダーバ2つです)






クリトモ教室 @ AL 9月17日(土) 旬の秋刀魚を楽しもう! (※お申込み受付終了)



※キャンセル待ちも定員オーバーとなりました為、お申し込みは締め切らせて頂きました。


旬の秋刀魚を楽しもう!

お盆が終わり、秋刀魚がおいしくなってきました。
今年も秋刀魚の棒寿司レッスンを開催いたします。

まずはお一人6尾、ひたすら捌いてさかなの三枚おろしをマスターしていただきます。
その後、秋刀魚の棒寿司、お刺身盛り付けのレッスン。
秋刀魚の肝醤油炒めはお弁当に、おつまみにぴったりです。

一緒にお味噌汁とお漬物をご用意させていただきます。


開催日
9月17日(土
10:00~15:00 (実習、試食、片づけ込) までに終了予定    

レッスン内容

実習:秋刀魚の三枚おろし
実習:秋刀魚の棒寿司と酢飯の作り方
実習:秋刀魚のお刺身盛り付け方
試食のみ:秋刀魚の肝醤油炒め


持ち物
文化包丁(先着2名貸し出し用意) ご希望の場合はお申し込み時にお知らせください。
エプロン(胸まであるものをオススメします)
汚れても良い布巾2枚(魚を捌く時にまな板をふきます)
ジップロック等の保存袋大(お持ち帰り用)
保冷剤(お持ち帰り用)
保冷バッグ(お持ち帰り用)
筆記用具


参加費 
,000円(税込、材料費込、余ったお魚は自己責任でお持ち帰りいただけます
当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


≪お申込み≫
件名に 「クリトモ教室 9月17日 」 と必ず記載し、
ご希望日、お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 
までメールにてお申し込みください。追って確認のメールを致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
※携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。 申込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。 予約の可否に関わらずメールの返信はしておりますので   3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合は、お手数ですがお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。




≪講師≫
栗原友
料理家。国内外問わず、旅をして出会った料理を手軽にできるようアレンジし、そのレシピを各雑誌や、日本全国で開催中の料理教室で発表している。一方でASEANフード大使を務め、東北復興支援「六県ロールプロジェクト」にも参加。現在扶桑社「ESSEクリトモ食堂、朝日新聞デジタル『&Wクリトモのさかな道、小学館「Oggi"働く女のささっと!旬ごはん"、宝島社「otonaMUSE"栗原友の「なるほど!」と言わせる旬の一皿"、枻出版「暮らし上手」"サカナ日和"連載中。料理研究家、栗原はるみの長女


≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

≪主催≫
栗原友料理教室「クリトモ教室」
お問合せ先:school@kuritomo.co.jp
ホームページ:http://kuritomo.co.jp
Facebook料理教室ホームページ:https://www.facebook.com/kuriharatomocooking/
インスタグラム:https://www.instagram.com
栗原友インスタグラムアカウント:kuri__tomo(アンダーバ2つです)


2016-08-18

solo exhibition “TOMORROW”by Cato Friend


この度、イラストレーター Cato Friend(カトーフレンド)による個展をALにて開催いたします。
3年ぶりとなる今回の展覧会では、メインモチーフとして人物を描きます。
人物に対して、一見すると違和感を感じるような素材を組み合わせることによって、絵の中に生
じる”間”と”視点”に着目し、モチーフ同士の関係性を意識した新作を発表いたします。
Cato Friend の新たな世界を、この機会にぜひご覧くださいませ。



solo exhibition TOMORROWby Cato Friend
会期 : 2016810日 (水) - 821日(日) 
12:00 - 19:00 会期中無休
   *最終日21日は、18 : 00までとなります 

Opening Reception
 2016810 ()17:00 - 20:00



Event : Cato Friend
の似顔絵(ヒトもペットも)描きます! 
     813日(土),14日(日), 20日(土),21()

    *A5サイズ1枚 ¥1,000~
       ( ペット含め3名まで。4~5名を1枚に収める場合 ¥1,500 )
      *ご予約は承っておりません。オープン時間内、先着順となります。
       時間によってはお待ち頂いただく場合もございますので、
       予めご了承いただきますようお願いいたします。
      *1枚あたり5分程度のスケッチとなります。少しでも多くの方に
       お気軽に参加いただけるよう簡易イラストとさせていただきます。
      *ペット同伴は可能ですが、ギャラリー内、また近隣のお客さまの
       ご迷惑にならないようご配慮お願い申しあげます。



Cato Friend
(カトーフレンド)

Biography
アクリル絵の具と炭を用いて描かれる作品は、鮮やかでありながら透明感のある色彩と、時にはパターンや文字を絵の中に組み込むことで、メッセージ性のある、幻想的でモダンなイラストレーションとなっている。様々な媒体へのイラストレーションの提供から、プロダクト開発、ウィンドウディスプレイなど、クライアントワークの幅を広げつつ、国内外で展覧会を開催し、その世界観をつくりあげている。

Recent Exhibitions (selected from 09)
2013
LUMINE meets ART, LUMINE SHINJUKU Elevator, Tokyo
Cats ISSUE, SUNDAY ISSUE, Tokyo
MY BEST FOOD, ROCKET, Tokyo
METAL DEEP SEA, IOSSELLIANI, Tokyo

2012
FANTASTIC DAYS 2012, Tambourin Gallery, Tokyo 
Free Style Beauty Work vol.2 | EROKAWAえろかわ”, roid works gallery, Tokyo
FERTILE SOIL , ROCKET, Tokyo
COLOR - TEXTURE - LIGHT, Great Neck Arts Center, NY

2011
forest, Laforet HARAJUKU/WALL, Tokyo
ANIMAL COLLECTIVE , PUBLIC/IMAGE.3D, Tokyo
Kiyoshiro ImawanoMemorial Exhibition Vol.3, Coolies Creek, Tokyo

2010
BEGINNING! BEGINNING!, SUNDAY ISSUE, Tokyo
Here is ZINE Tokyo Curated by Enlightenment, TAMBOURIN GALLERY, Tokyo

2009
Giraffics Gallery, EastHampton, New York


Works
ぬりえBook幸せの花をさがす旅
吉田修一 “作家の一日”翼の王国books 装画
林真理子“来世は女優”文春文庫 装画
千原ジュニア“うたがいの神様”幻冬舎 装画
「ブレーン」「FRAU」「SPUR」「SWEET」「旅」「OCEANS」「風とロック」「NEXT LEADER」「anan
SPRiNG」「SHINBIYOTarzan

Music
Hey! Say! Jump “キミアトラクション” CD jacket , costume, PV goods
シド “WHITE TREE CD jacket , booklet , PV
荒川ケンタウロス“よどみに浮かぶうたかたは” CD jacket , booklet
ベッキー♪♯“ 3SHINE!~SINGLES & MORE〜” CD jacket , booklet
DOPING PANDA iphone case
80KIDZ

Others
Fendi×SPUR / 2013/ SPUR 誌面イラストレーション、Fendi 特設会場ライブペインティング
サマンサタバサ/2013/ポスター、CM、店舗ステーショナリー、プロダクト展開
ISETAN Shinjuku/2013/ コスメフロアリモデルチラシ、顧客特典シール
アサヒビール/2010,2011,2012 /ボジョレーヌーボー,ワインラベル間ビジュアル  
メリーチョコレートカムパニー “トーキョーチョコレー” パッケージデザイン
ワコール, AMPHI/2012/ カタログ (S/S A/W)
SHISEIDO /マジョリカ マジョルカ / 2013 / メインビジュアル制作
FOSSIL JAPAN/2011/ 展示会ディスプレイ
Afternoon Tea アーティストコラボレーション商品, 2013
BRAIN, meiji クリエイティブコラボレーション        

and more.....


企画 : Margarine (Butter Inc.) / AL ( KIKI inc. ) 協力 : AL
問合せ : mail@margarine.jp  http://www.margarine.jp

2016-08-02

HOPE AND LOVE GALLERY  





パリでも大人気のチャリティイベント Hope and Love が今年は代官山へやってきます!
中心となるヒルサイドテラスのサテライト会場としてAL も参加し、
人気作家のアート作品や写真を展示販売、アートで熊本と東北の被災地を応援します。
普段は手の届かない作家作品をチャリティ価格で手に入れるチャンス!
皆様でぜひお越しください。

HOPE AND LOVE GALLERY

■ 期間 : 8月6日(土) 11:00 - 20:00   
    8月7日(日) 11:00 - 19:00

■ 会場 : AL1F Main Space
    東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-572-9799     www.al-tokyo.jp/

   ※メイン会場の代官山ヒルサイドテラスではフリマやワークショップなども。


【参加アーティスト】
Antoine Kruk、Ayumi Togashi、Cecilia Carlstedt、Emmanuelle Mafille、Fantasista Utamaro、Fujiyoshi Brothers、GEORGE HAYASHI、Liselotte Watkins、Ly、Nawel、Niky Roehreke、
Philippe Weisbecker、przemek sobocki、Sasha Prood、Sayori Wada、Stina Johnson、
Shun Kawakami、Takeru Amano、Tippan Nordén、TORI.、Yoshirotten、yoshi47、
飯嶋久美子、エドツワキ、河原シンスケ、谷口唯衣(tremplapin)、千原徹也、田辺ヒロシ、平野傑、金谷裕子、ミック・イタヤ、北山雅和、キム・ソンヘ、sal、Phaseworks、鳥居洋介、U-SKE、Aito Kitazaki、下田昌克、武田晢、 他(敬称略、順不同、7月27日現在)

※参加アーティストは7月27日現在、まだ追加予定です。決定次第、追加して参ります。
※チャリティイベントのため、参加アーティストは当日変更となる場合があります。


【Hope and Love 団体紹介】
2011年春にパリ在住のファッションコーディネーターやスタイリスト等、主にファッションの仕事に従事する日本人女性達がHope and Love for Japan を立ち上げて以来、主にパリと東京でのチャリティイベントを通じて義援金を地震などの天災の被災地にお送りする活動を続けている。イベントを通して日本の現状をフランスの人々にも伝えながら、刻々と変わる被災地のニーズに合わせて、支援金の送り先を決定している。炊き出しの経費、ガイガーカウンター、木造仮設住宅、子供達の楽器の修理費、桜ライン311、メッセージ3.11、ふんばろう東日本支援プロジェクト(ミシンでお仕事プロジェクト、物作りプロジェクト、学習支援プロジェクト)ORTO DEI SOGNI、沖縄・球美の里、一般社団法人 みやぎびっきの会、未来の福島こども基金、みちのく未来基金など。現在の運営メンバーは約30名。参加ボランティア数は延べ500人以上。代表は石坂紀子。http://hopeandloveparis.org/


H&Lイベント全体の詳細 : https://www.facebook.com/hopeandloveforjapan
お問い合わせ : tokyo@hopeandloveparis.org
主催:Hope and Love

2016-06-04

福田直樹 写真展 「パンチを予見する男 ―渡米15年の軌跡―」



UNDISPUTED CHAMPION(絶対王者)」
世界で最も権威のあるボクシング専門誌『リング・マガジン』において特集が組まれ、
そう紹介された日本人をご存知だろうか。
世界中のボクシングファンと関係者から称賛を浴びるカメラマン福田直樹である。
全米記者協会が主催する世界的フォトコンテストにおいて、初エントリーから6年連続で入賞。
4度が最優秀写真賞と言う快挙を成し遂げた、名実共に世界一と言われる男だ。
リング上での激闘をまるで瞬間冷凍したかのようにカッティングする技術はまさに圧巻だ。
その並ぶものない驚異的なボクシング愛と卓越した眼によって生み出された、彼の写真1枚、1枚からは
飛び散る汗や鮮血、ゆがむ筋肉らと共に選手のアドレナリンや脳天を突き抜けそうな刺激的な匂いまでが感じられる。
1/1000秒の世界を見事に支配し、まったくブレのない構図で創造されるその作品に触れることで、
ボクシングという芸術を体感していただきたい。

“パンチを予見する男” 福田直樹写真展~渡米15年の軌跡~
■期間:723日(土)~731日(日)会期中無休
      OPEN 12:00-19:00 入場無料

■会場:AL1F Main Space 東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
TEL
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp/
■オープニングレセプション
7
22() 17:0020:00
■トークイベント
7
26()19:0020:00 (18:30受付開始・申込み不要)
福田直樹 × 飯田覚士(元WBA世界スーパーフライ級王者)×高柳謙一(エキサイトマッチ担当アナウンサー)
※当日会場でのお申込みを承っております。お気軽にご参加ください
CHAMPION フォトTシャツ 各4,000円(税込)
※福田直樹が捉えた決定的瞬間をTシャツに!

福田直樹/Naoki Fukuda
東京都台東区出身。ボクシングカメラマン。2001年にラスベガスへ移住し、全米各地で年間約400試合を撮影。パンチのインパクト、決定的瞬間をとらえる能力において並ぶものはなく、本場で極めて高い評価を受け続ける。2008年には世界で最も権威がある米国の専門誌『リング・マガジン』にスカウトされ、同誌のメイン・カメラマンを8年間勤めた。2012年のWBC(世界ボクシング評議会)フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーにも選出されている。

 主催:BOXINGTIMES  http://boxing-times.com/
 協力:WOWOWREYESDaisuke GenmaDRUMCAN Inc.CLS

展覧会の内容についてのお問い合わせ先
BOXINGTIMES 03-5942-4677