2015-04-18

奥田ここ「和食の基本」5月 「旬の真鯵丼と色鮮やかなふきの浸しもの、ひじきの煮物と生麩の味噌汁」です。


風薫る新緑の季節に、目にも鮮やかな食材で美味しい食事を作りましょう。
三枚おろしの練習に
真鯵をさばいて丼に。
ふきは下処理をしっかり覚えて、涼やかな浸しものにします。
その他、あると嬉しいひじきの煮物と生麩の味噌汁を作ります。

いつもの和食が確実にグレードアップすると大好評の「和食の基本」。
築地で仕入れた新鮮で上質な旬の食材を使って、
野菜の下処理、だしの取り方、ごはんのとぎ方や炊き方など、知っているつもりの基本を、
江戸懐石を習得した奥田ここ先生に、イチから徹底的に学ぶレッスンです。


■日時■
2015/5/30(土)11:0014:00 
※見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
 進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。


■献立■
三枚おろしの手始めに最適なマアジのほか、フキやひじきの扱いや生麩を使った味噌汁です。

・真鯵丼
旬をむかえたマアジを丼に。三枚おろしの練習にも最適なマアジです、ぜひこの機会に。

・ふきの浸しもの
ほろ苦さが美味しいフキを下処理し、淡いお味で仕立てた小鉢です。

・ひじきの煮物
ひじきの煮物はそのままでももちろん、他の献立の材料としても重宝する
大変便利な常備菜のひとつです。

・生麸の味噌汁
あれこれと活用できる生麩を今回は味噌汁に。

※一部献立は事前に用意をしたものを使用し、デモンストレーションと実習を行います。
※レッスンの最後には皆さんで楽しく試食会をいたしましょう。試食は1食分相当をご用意します。


■参加費■
6,000(税込・材料費込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■持ち物■
エプロン・タオル・筆記具
※お好きなお飲み物の持込okです


■講師 : 奥田ここ■
外資系コンサルティング会社に勤めるかたわら懐石料理を学び、またイタリアでの滞在を通して家庭料理の手ほどきも受ける。
築地市場を「師」と仰ぎ、現在は旬の食材を中心にした「和食」及び「イタリア料理」の料理教室を主宰するほか、出張教室や屋外での青空教室、外国の方の参加など、個別の要望にも応じた教室開催もしている。
その他、食材産地での取材や食に関する様々な話題の企画・執筆にも取り組むほか、ホームパーティーなど小規模なケータリング料理の提供も行っている。
趣味は世界各地の市場めぐり・茶道(裏千家)・サッカー・大相撲観戦・写真。素材の味を大切にし、無駄なく使いきる献立作りを心掛けている。


■お申し込み方法■
件名に「和食の基本 5月」と明記の上、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。


※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


■会場■
AL 2F kitchen studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp
※東急東横線代官山駅より徒歩5分、ファミリーマートの真裏です


■主催■
奥田ここ

2015-04-17

ことことの料理教室 5月

糠床を作りましょう。

糠床の作りやすい季節です。
最初は様子がわからなくても、毎日混ぜていくうちに糠のご機嫌が分かるようになります。
難しく考えないで、まずは作ってみましょう。
身近に摂れる手作りの発酵食品です。


宮崎アグリアートさんの無農薬の米糠と
私が育てておいた糠床を種糠としてお持ち帰りいただきます。
1.6キロほどになりますので少し大きめの袋をお持ちください。

そして北九州の昔ながらのお惣菜、糠床炊き
青魚で炊くのが美味しいそうです。
代表的なのは鯖と鰯。
梅雨に入るこの時期に旬の鰯を使って糠床 炊きを作ります。
ご飯のおかずにも酒のつまみにも美味しくいただけます。


中目黒にある家庭料理の名店「ことこと」の料理教室。
普段、作り慣れている食卓の献立を
ほんのひと工夫でさらに美味しく頂けるように作りましょう。


《日程》
5月31日(日)14:00~
※現在キャンセル待ちでの受付です。

《献立》
・糠漬け
・糠床炊き
・他にお惣菜
※ 出来上がりはご飯と味噌汁と共に召し上がっていただきます。 


見学型の料理教室です。
2時間半~3時間を予定しています。
レッスンの最後には1食分相当の試食を皆さんで召し上がって頂きます。


講習料≫ 6,500円(税・試食代込み)
(当日現金にて釣銭の無いよう、ご用意下さい)


持ち物≫ 筆記用具・持ち帰り用手提げ袋


講師≫ 佐藤ひろみ
1963年東京生まれ。高校卒業後、製菓学校へ通い、
数年間ケーキ屋さんに勤務した後、代官山でカフェを開く。
2003年春、中目黒にごはん屋さん「ことこと」をオープン。


《お申込み方法》
件名に 「ことこと 5月」 と記載し、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。



※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


《場所》
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
(accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、ファミリーマートの真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。


主催:ことこと

WHYTROPHY | ロゼット リボンの勲章をさがして



5/22(金)より、WHYTROPHYの初の著書「ロゼット リボンの勲章をさがして」の発行を記念したイベントを開催します。

「称えるかたち」を製作しているWHYTROPHYは、世界中に広まっているロゼット文化とその作り手たちを取材し続け、独自の新しい解釈で製作を続けています。約1年ぶりの展示となる今回は、WHYTROPHYがコレクションしている様々なロゼットを公開します。著書に掲載していない貴重な資料を解説しながら、ロゼットの奥深い世界をお楽しみください。

皆さまお誘い合わせの上ぜひご来場ください。


WHYTROPHY 『ロゼット リボンの勲章をさがして』出版記念イベント
2015年5月22日(金) - 5月24日(日) 会期中無休
開廊時間:12:0019:00
入場料:無料
会場:AL  1F main space  東京都渋谷区恵比寿南3-7-17-1F
TEL:03-5722-9799
www.al-tokyo.jp 

*Reception Party 5月23日(土)18:00~21:00 ピッツェリア前田屋による窯焼ピザパーティー
  
1891 Conscrit cocarde
 
「ナポレオンだよ」。ロゼットの由来を訪ねると、当たり前のように返ってきたこの言葉をたよりに、WHYTROPHYはロゼットを調べ続けています。新著「ロゼット リボンの勲章をさがして」は、いまも作られているロゼットを中心に構成されていますが、本展では製作過程の考証としてプリーツの形状や素材を調べるために、19世紀後半から現在に至るまでの資料を展示します。 
 ロゼットは、時代や環境に応じて様々な解釈で作られてきました。フランスでは徴兵のシンボルとして、イギリスではアーティストのファンググッズとして様々なものが作られ、円形のプリーツと下に垂れ下がったテールで構成された要素の中には、たくさんのメッセージが込められているのです。新旧の実物やロゼットに関する写真資料なども展示し、著書「ロゼット」を補完し、さらなる奥行きを与える構成になっています。

1962 Secession Solder

1963 The Horse Ring


■会場にて販売いたします■
WHYTROPHY:著 『ROSETTE リボンの勲章をさがして』







2015522日発売
著者:WHYTROPHY
出版社:双葉社
判型:A5サイズ
定価:1,800円(税別)



WHYTROPHY | ワイトロフィー















高澤敬介、瑞穂によるユニット。2005年に活動をスタート。
トロフィーをはじめ、「称えるカタチ」をリサーチしながら、国内外問わず取材を重ね、
その意味や由来を咀嚼しながらオリジナルのアイテムを製作。
展示や販売、国内で数多くのワークショックを開催。国内外を問わず、多くのブランドとの共作も発表している。

http://whytrophy.com/




2015-04-16

Levi Pata|faces, from a small room


5/7(木)より、リーバイ・パタ個展『 faces, from a small room』をALにて開催いたします。

約1年ぶりの来日となる今回。本展は初の作品集 『小さい部屋から from a small room』(HeHe刊)の発売を記念しての展示第1弾となり、 5/22(金)6/6(土)は第2弾となる展示voices, from a small room』を六本木chic space by YKGにて開催致します。 ALでは前回同様、会場の一角をアトリエにして作品制作を、また5/17(日)にはライブペインティングを行う予定です。

皆様お誘い合わせの上ぜひご来場ください。


リーバイ・パタ個展『faces, from a small room』
2015
57日(木)—520日(水) 会期中無休
開廊時間:12:0019:00
入場料:無料
会場:AL  1F main space  東京都渋谷区恵比寿南3-7-17-1F
TEL:03-5722-9799

オープニング・レセプション:57日(木)18:0020:00
ライブ・ペインティング:517日(日)14:0015:00  Admission Fee: 500 予約不要




前回の東京での個展からこの一年間は、それまで計画していた事が台無しになったり、大切な人達との別れがたくさんあった。突然起こった環境の変化によって、借りていたアトリエを手放す事となり、原点に戻らざるを得なくなった。小さな部屋で下を向いて、少し暗い明かりと限られた色を使って絵を描いている。広々とした場所で、距離をおいて絵を眺める事ができなくなった分、僕の顔と体は、ひとつひとつの作品と近くなり、再び出会う事ができた。
僕は月の存在に大いなる安らぎを感じる。月も星もない夜は、自ら光を作り出す必要がある。その必要性から、これらの作品がでてきたように思う。猫が、道端の日陰の中にぽつりとある暖かい陽のあたる場所を探し、そこで寝るのと同じようにして、この2つの展覧会ができあがった。
生きているものについて考える時、僕はどこかよそよそしい西洋の考え方だけではなく、今僕の中で広がりつつあるネイティブ・アメリカンとしての見方でそのものを見る。それは、そのものの霊的存在の物質としての表現を、独特なエナジーのかたまりとして捉えなければいけないという事だ。
僕の種族の言葉で、月を“チョナシュ”、「色のないもの」と呼ぶ。蝶は“ボールボロック”、「そっとするもの」と呼ぶ。日本語では、顔の各部位を指す言葉は植物や実の名前から成り立っている。ただ識別する目的だけではなく、古い言葉はものの形の真実を表している。
今回の展示は、暗闇からひとつ、またひとつと現れる作品でまとめた“faces, from a small room”と、どこか幼少期の温かい空気感を帯びた抽象作品からなる“voices, from a small room”の2部構成となる。
作品の全ての形は、僕自身と同じく小さい部屋からやってきた。あらゆる言語で話す事もできるし、相手が必要なときは静かに待っている事もできる。



from a small room
Since my last exhibition in Tokyo, the past year was full of complete separation from previous plans and people I loved. This sudden changing of circumstances also took me out of my studio and physically brought me back to the beginning-- painting and drawing while looking downward in a small room at home, with less light and fewer colors. Without being able to stand back from the pictures, my face and body became very closely acquainted once again with each of these works as they were being made.
 I am one who finds great comfort in the presence of the moon. On some nights, however, the sky is without stars and moon both, so we must create our own light in order to see. I believe these works to have come out of that necessity … collected in the same manner a cat finds a warm circle of sunlight on a shady side street in which to sleep. 
In considering any sort of living form now, I not only look at it in a distant Western sense, but from my growing Native perspective, I now must also begin to address its unique concentration of energy as a physical expression of its spiritual being. 
In my Tribe's language, the moon is "conał," or, "the albino." The butterfly is "bōlboloq," or, "does something softly." In Japanese, the words for each part of the human face all derived from parts of a plant and its fruit. Rather than becoming mere labels, these old words still radiate the truth of their corresponding forms.
Beginning with "faces, from a small room," those who began to come one-by-one out of the darkness will compose the majority, followed by their warmer, more abstracted counterparts in "voices, from a small room."
All of the forms here have come from a small room because I have as well. 
They can speak in any language, or can wait silently if only company is needed.


Levi Pata|リーバイ・パタ
1985年、ホリスター(カリフォルニア、アメリカ)生まれ。2004年、カリフォルニア・パラダイスからサンフランシスコへ移住。2008年、City College of San Francisco卒業。2009年春から2011年夏まで、東京を拠点に活動。現在、サンフランシスコに戻り、制作活動をおこなっている。個展に、2011年「鳴り響く銃声とギリシャの音楽」(FOIL GALLERY、東京)、2012年「IT HURTS TO LET YOU GO」(Kokoro Studio、サンフランシスコ)、2014年「MOON SON」(AL、東京)など。













■会場にて販売いたします■
リーバイ・パタ作品集 『小さい部屋から from a small room


20154月下旬より発売
デザイン:川内圭介
定価:2500円(税別)
判型:A5判変形(200×150mm
ソフトカバー/80ページ
テキスト:日英
ISBN978-4-908062-06-3 C0071
発売元:HeHe


中川ワニの珈琲教室5月 「coffeeとapple」



いつも大人気の中川ワニの珈琲教室。
定期教室第7回の今回はcoffeeとappleの会です。
appleといっても食べるappleではなく白いりんごのマークの持つイメージつまりテクノロジーです。
とはいっても中川ワニ珈琲はローテクなので思いつくことは限られますが珈琲を淹れて
『新しい何かを見つけよう。』
と思います。もちろんappleにちなんだお菓子との食べ合わせはありますよ。
どんなappleかまたそれに合わせたブレンドcoffeeの味を楽しみにしていてください。

中川ワニ



≪日程≫
5月9日(土)
昼 11:00~14:00
夜 16:00~19:00

≪持ち物≫
・カップ2~3個
・筆記用具
普段の珈琲を楽しむための道具たち(必須ではございません。普段お使いのものがあればお持ちください。)
※カップは小ぶりのもので充分です。無い方にはお貸出も可能です。

≪定員≫
各10名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

≪参加費≫
4,000(税込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。

※珈琲豆予約販売
当日参加される方に限り珈琲豆を予約販売致します。
豆は200g税込1300円です。
購入希望の方はお申込みの際に希望数量を明記してください。
当日、参加費とは別に現金のご準備をお願い致します。

≪お申込み≫
件名に「ワニ珈琲 5月」と記載し、
お名前、ご希望のお時間、
連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


《場所》
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F


(accessの欄より地図をご確認ください)
※代官山駅より徒歩5分、ファミリーマートの真裏です
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

主催:中川ワニ珈琲

2015-04-14

磯貝由恵の料理教室 5月「初夏の味を楽しむ料理とポワレ」




5月は、「初夏の味を楽しむ料理とポワレ
季節を表現できるところが魅力な、ピュレとポタージュ。旬の色、香りを楽しみながら、さぁ、料理のスタート。

コトコトポタージュを煮込んでいる間には、添えたい塩味シューを焼いてみましょう。

また一味ちがうポタージュを味わうことができるから。
そして、余ったピュレに風味を加えて揚げれば、クロケットも出来上がり!

たっぷり季節を楽しんだ後は、魚のポワレ。ソテーとポワレの違い!?それは、実演でじっくりと。

きちんと焼けたポワレは、やっぱりワインが似合うし、お皿を彩るソースは、ワインに複雑味を与えてくれること間違いなし。付け合わせのアスパラのポワレもお楽しみに!

おなかは一杯だけど、もっと口を楽しませたい。
そんな欲張りな食事の最後は、とろりとクリーム状のチーズと果物ソースのデザートを。

料理って作ることも食べることも楽しい!素材にあった調理が分かれば、料理初心者でも失敗なくグルメも満足する味の出来上がり!!そんな料理教室です。

日時■
5月10日(日) 

  昼 11:00~14:00 
  夜 16:00~19:00
見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
  進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。


MENU
旬野菜のピュレ、クロケットとポタージュ
旬の野菜を存分に味わうピュレ、クロケットとポタージュを同時に作り上げます。メニューがいくつかほしい「おもてなし」にも、「つくりおきおかず」としても重宝する調理方法です。
シュー・サレ
ポタージュに添えたい塩味シュー3種。コツさえおさえれば誰でも失敗なく作れるシュー。焼きたての味は、格別です!ポタージュとの相乗効果は、新たなおいしさの発見。
魚のポワレ 野菜のポワレ
フランスの調理法、「ポワレ」。シンプルな調理だからこそ、ちょっとしたポイントが、味の差に。皆で、表面はカリッと香ばしく、中はふっくら、焼いてみましょう。あっという間にできてしまうソースもグルメ仲間を驚かす技。
ベリーチーズクリーム
食後のチーズケーキは、きちっと固めず、やわらかいクリーミーな口どけがいい。ベリーばかりあつめたドライフルーツソースをたっぷりかけた初夏にふさわしいデザート、仕上げのバルサミコ酢が味の決めて。

*料理にあう飲み物(アルコールあり、なし)用意しています。マリヤージュのコツもやります!
*食材の都合によりメニューが変更になることもございます。


■参加費
7,000円(税込・材料費込)
(当日現金にて釣銭の無いよう、ご用意下さい)

■持ち物
筆記用具・エプロン

講師 : 磯貝由恵 いそがいよしえ














パリのリッツ・エスコフィエをはじめ、フランス各地で料理、製菓を学ぶ。アメリカ、フランスで 共働きの夫婦の家庭にホームステイをし、合理的で健康的な家庭料理に触れた経験を生かし、日々の食生活におり入れやすいレシピを提案している。料理教室「エコール・ド・ガストロノミ・ラフィネ」主催。著書に「オリーブオイルでフランス菓子」「オリーブオイルで大人のおやつ」」(ともに文化出版局)「ガレットとクレープの本」(グラフ社)、「魔法のオイル漬けBOOK」「熟成ケーキ」(ともに河出書房新社)。



お申込み方法
件名に 「磯貝 5月」 と記載し、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


場所
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
(accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。


主催:磯貝由恵