2016-02-22

クリトモ教室 @AL 3月「時短でご馳走、本格インドカレー」

写真はイメージです。(手前の赤いカレーを作ります)

私が大好きなインドカレー。
インド人の友人から習ったレシピ、自分で研究したレシピなど、色々ある中から、今回は平日の夜開催ということで、
短い時間でサクッとカンタンにできるものを選びました。
平日の夜のインドカレーレッスンは今後数回に分けて開催予定です。
初回はトマトベースのチキンカレーと、インドの揚げ餃子的メニューのサモサ。
どちらも入手困難な特別な材料を省きながらも、ご自宅で本格メニューができるようにアレンジしています。

また、今回は使い慣れないちょっと珍しいスパイスを使いますので、一部お土産としてプレゼントさせていただきます。
是非ご参加ください

栗原友


≪開催日≫
3月29日(火)19時~21時30分までに終了予定  ※現在キャンセル待ちとなります。

試食を含め、最大2時間半のレッスンになります。 


≪レッスン内容≫ 
■揚げナスとチキンのカレー
■豆とジャガイモのサモサ(お手伝いしていただきます)


持ち物
エプロン
筆記用具
お酒のお持ち込み大歓迎!

≪参加費≫ 
各6,000(税込、材料費、試食、おみやげ代込み
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


≪お申込み≫
件名に 「クリトモ教室 3月」 と記載し、
お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 
までメールにてお申し込みください。
追って確認のメールを返信致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

≪講師≫
料理家。国内外問わず、旅をして出会った料理を手軽にできるようアレンジし、そのレシピを各雑誌や、日本全国で開催中の料理教室で発表している。一方でASEANフード大使を務め、東北復興支援「六県ロールプロジェクト」にも参加。現在扶桑社「ESSE」“クリトモ食堂”、朝日新聞デジタル『&W』“クリトモのさかな道小学館「Oggi」"働く女の…ささっと!旬ごはん"、宝島社「otonaMUSE」"栗原友の「なるほど!」と言わせる旬の一皿"、枻出版「暮らし上手」"サカナ日和"連載中。料理研究家、栗原はるみの長女


≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
(accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

主催: ㈱クリトモ

2016-02-21

奥田ここ『和食の基本』 3月 稲荷ずしとホタテの幽庵焼き、あさりの潮汁、旬を迎えた春の苦味根みつばのおひたし



  お花見シーズンももうすぐ。
ご家庭でも、行楽弁当でもお楽しみ頂ける、稲荷ずしやホタテの幽庵焼き、
あさりの潮汁、根みつばのおひたしを作ります。

今回はご自宅でもお楽しみいただけるよう、
稲荷ずし用に煮た油揚げのお持ち帰り分もご用意いたします。







いつもの和食が確実にグレードアップすると大好評の「和食の基本」。
築地で仕入れた新鮮で上質な旬の食材を使って、
野菜の下処理、だしの取り方、ごはんのとぎ方や炊き方など、知っているつもりの基本を、
江戸懐石を習得した奥田ここ先生に、イチから徹底的に学ぶレッスンです。













■日時■
2016/3/26 (土)11:0014:30 
※見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
 進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。

■テーマ■

お花見シーズンももうすぐ。ご家庭でも、行楽弁当でもお楽しみ頂ける、稲荷ずしやホタテの幽庵焼き、あさりの潮汁、根みつばのおひたしを作ります。

■献立■
・稲荷ずし
-すしめしの基本的な作り方や油揚げの扱いなどとともに、稲荷ずしを作ります。
-ご自宅でもお楽しみいただけるよう、稲荷ずし用に煮た油揚げのお持ち帰り分もご用意いたします(46個分を予定)。

ホタテの幽庵焼き
ホタテの剥き方をご紹介。醤油とさわやかな香酸柑橘の香りをまとったほたてをお楽しみください。


・あさりの潮汁
あさりと昆布の旨みをたっぷり味わう汁ものです。

・根みつばのおひたし
春の香りを運ぶ、根みつばのおひたしを作ります。

※仕入れの状況によっては一部材料に変更が生ずることもございますことご了承のほどお願いいたします。
※一部献立は事前に用意をしたものを使用し、デモンストレーションと実習を行います。
※レッスンの最後には皆さんで楽しく試食会をいたしましょう。試食は1食分相当をご用意します。
※お好きなお飲み物の持込okです。


■参加費■
7,000(税込・材料費込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■持ち物■
エプロン
タオル
筆記具


■講師 : 奥田ここ■
外資系コンサルティング会社に勤めるかたわら懐石料理を学び、またイタリアでの滞在を通して家庭料理の手ほどきも受ける。
築地市場を「師」と仰ぎ、現在は旬の食材を中心にした「和食」及び「イタリア料理」の料理教室を主宰するほか、出張教室や屋外での青空教室、外国の方の参加など、個別の要望にも応じた教室開催もしている。
その他、食材産地での取材や食に関する様々な話題の企画・執筆にも取り組むほか、ホームパーティーなど小規模なケータリング料理の提供も行っている。
趣味は世界各地の市場めぐり・茶道(裏千家)・サッカー・大相撲観戦・写真。素材の味を大切にし、無駄なく使いきる献立作りを心掛けている。


■お申し込み方法■
件名に「和食の基本 3月」と明記の上、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから受付確認の返信メールを致します。


※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。※PCからの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。ご予約の可否に関わらず頂いた申込メールには、必ずメールにてご返信差し上げておりますので、3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


■会場■
AL 2F kitchen studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp
※東急東横線代官山駅より徒歩5分、鎗ヶ崎交差点より2分、駒沢通り沿いファミリーマートの真裏です


■主催■
奥田ここ

2016-02-16

田代 敏朗 巡回展 『NEW LANGUAGE, NEW COMMUNICATION.』

3 月5 日(土)より、田代 敏朗 巡回展 『NEW LANGUAGE, NEW COMMUNICATION.』をALにて開催致します。本展示は、田代 敏朗が作品として生み出したアルファベット26 文字を使用し、様々な言葉、文章を組み上げたポスター作品として展示販売いたします。皆様お誘いあわせの上ぜひご来場ください。

※追加情報!!!   開廊時間変更と追加イベントのお知らせです

3/11()13:00~21:00 open  3/12()トークイベント 17:00 open 17:30 start -20:00 up
田代敏朗 × 鶴田正人(WOOLY ARTS キュレーター)+Special Guest  モデレーター:関根さゆり (wooly編集長)


ポップアートとタイポグラフィの交差、 画家 田代敏朗が生み出す新言語。
デザイナーの厳格な “タイポグラフィ” の世界で、田代は画家として自由に筆を走らせる。独特の色彩とパターンによる表現により、独自の世界観を表現し続けてきた田代敏朗は、線引きされていたそれぞれの “境界” を軽々と飛び越える。そうして生まれた “26 個の作品” が書体として組み上げられ、言葉としての意味を得、また、新しい作品として誕生する。ポップアートとタイポグラフィの交差、画家 田代敏朗が生む「新言語」をお楽しみください。



田代 敏朗 巡回展
NEW LANGUAGE, NEW COMMUNICATION.

2016 年3 月5 日( 土) ~ 3 月13 日( 日) 会期中無休
開廊時間:12:00 - 19:00
* 初日のみ15 時オープン
入場料:無料
会場:AL 1F main space 
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17-1F
TEL:03-5722-9799
http://www.al-tokyo.jp/

■レセプションイベント
3 月5 日( 土)
16:00 OPEN 17:00 START
・トークショー田代敏朗 x 新井まる ( アート情報サイト「Girls artalk」代表)

田代 敏朗 ( たしろ としあき) 1980 佐賀県生まれ。佐賀県展洋画の部において史上最年少 16 歳で首席 ( 県知事賞、山口亮一賞) 受賞を皮切りに、数々のアワードにおいて受賞。上野の森美術館大賞展(2010)、トーキョーワンダーウォール(2011)、トーキョーワンダーシード (2012)。主な展示に六本木ヒルズ森アーツセンター「Artist by artist」(2003)、京都建仁寺「現世美術館展」(2006, 2008) 等。2014 年秋ひよ子新ブランドでのコラボレーションに抜擢、注目を浴びる。2015 年 個展「herald」にて、自由が丘「ブルーブックスカフェ」、博多「ブルックリンパーラー」同時開催。WOOLY ARTS 所属。 Born 1980 in Saga Prefecture. Currently Living in Tokyo. For hi s part in the Saga prefecture exhibition film, hereceived top prize in the Governors award as well as the Ryoichi Yamaguchi award, followed by many more. UenoRoyal Museum Grand Prize Exhibition (2010), Tokyo Wonder Wall (2011), Tokyo Wonder Seed (2012). The mainRoppongi Hills Mori Arts Center in the exhibition "Artist by ar tist" (2003), Kenninji Kyoto "This World MuseumExhibition" (2006, 2008), and more. Most recently he collaborated with Hiyoko Sweets for the design of their new fall products. Managed by Wooly Arts.

主催:WOOLY ARTS

2016-02-15

Spreadのやさい食堂 『手前味噌講座 2016』


今年もやります。「手前味噌講座」
みんなで一緒に味噌を仕込みませんか?

去年仕込んだお味噌も自宅の菌で美味しく出来ました。
当日にそのお味噌で特別なお味噌汁をお出し致します。




今年は去年と違うお塩インカの天日塩を使います。
またひと味変わると思います。出来上がりが楽しみですね~

当日は玄米おにぎりやこの日しか飲めないお味噌汁をご用意させて頂きます。


≪日程≫
2016年3月12日(土) 15:00~18:00 ※現在キャンセル待ちでの受付です。

≪定員≫
限定15名
 
≪参加費≫ 
参加費:6,000円 (税込、試食代含)
※材料の仕入れによって若干の変動があります
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。

≪持ち物≫
エプロン、タオル、筆記用具、味噌を入れる容器ホウロウか陶器が良いと思います
約2.Kgのお味噌をお持ち帰り頂きます。
    
   ☆昨年にこの講座のご参加頂いた方にお願いです。
   少しで良いので昨年仕込んだお味噌をご持参頂けないでしょうか?
   みんなでお味見など出来たら楽しいかな~と思っております。

≪お申込み≫
件名に 「Spread 3月 手前味噌」 と記載し、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。
※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

≪講師≫
Spread 向井裕美子
東京出身。マネージメント&プロデュース事務所eight peaceの代表を務める一方でホールフードを学び、マスターコース修了後、ケータリングチームSpreadを結成。趣味はサーフィン、食べ歩き、料理。

≪会場≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
(accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、ファミリーマートの真裏です。
※駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

主催:Spread

2016-02-10

奥田ここ「和食の基本」2月 「包丁いらずで処理できる豆鯵と乾物三種の扱い方、羽釜で炊いたごはん」です。



豆鯵で南蛮漬けを作りましょう。
包丁を使わず手で処理をする方法を教わります。
そしてお弁当の隙間や、おかずの一品としても用意しておくと便利な常備菜。
今回は切り干し大根などの乾物を使って三品作ります。
どのおかずも羽釜で炊いたごはんとの相性間違いなしの一品です。
是非ご参加ください。
いつもの和食が確実にグレードアップすると大好評の「和食の基本」。
築地で仕入れた新鮮で上質な旬の食材を使って、
野菜の下処理、だしの取り方、ごはんのとぎ方や炊き方など、知っているつもりの基本を、
江戸懐石を習得した奥田ここ先生に、イチから徹底的に学ぶレッスンです。


■日時■
2016/2/28(日)11:0014:30 
※見学+実習の混合スタイルです。1回のレッスンは約3時間強を目安にしておりますが
 進行度合いにより予定時間を超えることがございます。予めご了承ください。

■テーマ■

包丁いらずで処理できる豆鯵を使った南蛮漬けとともに、ひじきや切干大根、干椎茸の乾物とともに通年楽しめる便利な常備菜をご紹介させていただくレッスンです。

■献立■
-豆鯵の南蛮漬け
手で処理した豆鯵で南蛮漬けを作ります。
包丁いらずで処理できる豆鯵は東西の洋を問わず楽しめる美味しく便利なお魚です、ぜひこの機会に。

<乾物三種の扱い>
-切干大根の煮物
-干椎茸とお揚げの利休煮
-大根とひじきの和えもの
切干大根や干椎茸、ひじきの戻し方や下処理の方法とともに、味の入れ方などをご紹介いたします。

-羽釜で炊いたごはん
ごはんのとぎ方や直火での炊き方をお伝えします。

※仕入れの状況によっては一部材料に変更が生ずることもございますことご了承のほどお願いいたします。
※一部献立は事前に用意をしたものを使用し、デモンストレーションと実習を行います。
※レッスンの最後には皆さんで楽しく試食会をいたしましょう。試食は1食分相当をご用意します。
※お好きなお飲み物の持込okです。


■参加費■
7,000(税込・材料費込)
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


■持ち物■
エプロン
タオル
筆記具


■講師 : 奥田ここ■
外資系コンサルティング会社に勤めるかたわら懐石料理を学び、またイタリアでの滞在を通して家庭料理の手ほどきも受ける。
築地市場を「師」と仰ぎ、現在は旬の食材を中心にした「和食」及び「イタリア料理」の料理教室を主宰するほか、出張教室や屋外での青空教室、外国の方の参加など、個別の要望にも応じた教室開催もしている。
その他、食材産地での取材や食に関する様々な話題の企画・執筆にも取り組むほか、ホームパーティーなど小規模なケータリング料理の提供も行っている。
趣味は世界各地の市場めぐり・茶道(裏千家)・サッカー・大相撲観戦・写真。素材の味を大切にし、無駄なく使いきる献立作りを心掛けている。


■お申し込み方法■
件名に「和食の基本 2月」と明記の上、
お名前、連絡のつきやすいお電話番号(携帯電話など) 添えて、
までメールにてお申し込み下さい。
こちらから確認の返信メールを致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。


■会場■
AL 2F kitchen studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 2F
03-5722-9799
www.al-tokyo.jp
※東急東横線代官山駅より徒歩5分、ファミリーマートの真裏です


■主催■
奥田ここ

2016-02-05

クリトモ教室 @AL 2月「ニシンのマリネを作ろう (お土産付き!)」


ニシンが美味しい季節になりました。
かわいいWECKのガラス瓶を使って、自家製ニシンのマリネを作りませんか?
おつまみに、サンドウィッチに、もちろん、お持たせにもぴったり。
ニシンはお一人様につき6尾。三枚下ろしの魚捌きレッスンをした後、マリネ作りをします。
今回は、ご自宅でもできるよう、マリネに使用するスパイスのお土産付きです。
是非ご参加ください。

栗原友


≪開催日≫
2月20日(土)10時~15時までに終了予定 
2月27日(土)10時~15時までに終了予定  

試食を含め、最大5時間のレッスンになります。 


≪レッスン内容≫ 
■にしんのマリネ
■ニシンさばきレッスン(1人6尾)
WECKの容器はこちらでご用意いたします。
ニシンのマリネを使ったオープンサンドウィッチをご試食いただきます。


持ち物
文化包丁(先着2名貸し出し用意) ご希望の場合はお申し込み時にお知らせください。
エプロン(胸まであるものをオススメします)
汚れても良い布巾2枚(魚を捌く時にまな板をふきます)
保冷剤
保冷バッグ
筆記用具
お酒のお持ち込み大歓迎!

≪参加費≫ 
各8,000(税込、材料費、試食、WECK容器、おみやげ代込み
※当日現金にて釣銭の無いようご用意ください。


≪お申込み≫
件名に 「クリトモ教室 2月○●日」 と記載し、
ご希望日、お名前、連絡のつきやすい御連絡先(携帯番号など)を明記の上 
までメールにてお申し込みください。
追って確認のメールを返信致します。

※平日のみ、手動でのご返信となりますので多少お時間がかかる場合がございます。
 一両日を目安にはしておりますが、予めご了承ください。
携帯電話からの場合はPCからのメールを受信できるよう、ご確認の上送信下さい。
※PCの場合でもメール受信に何らかの問題が発生し未着となる場合がございます。
 3日ほど経過しても当方より何の返信もない場合はお電話にて確認ください。
eメールは、必ず今後のやり取りでお使いになるアドレスからご送信下さい。申し込まれたメールにそのまま返信の形をとらせて頂きます。
※お申し込み後のキャンセルに関しましては、お申込時の返信メールにてご案内いたします。
※催行人員に満たない場合は中止となります。予めご了承ください。
※その他ご質問・ご連絡等も、基本的にはすべて上記メールにて承りますが、緊急時はお電話でも承ります。

≪講師≫
料理家。国内外問わず、旅をして出会った料理を手軽にできるようアレンジし、そのレシピを各雑誌や、日本全国で開催中の料理教室で発表している。一方でASEANフード大使を務め、東北復興支援「六県ロールプロジェクト」にも参加。現在扶桑社「ESSE」“クリトモ食堂”、朝日新聞デジタル『&W』“クリトモのさかな道小学館「Oggi」"働く女の…ささっと!旬ごはん"、宝島社「otonaMUSE」"栗原友の「なるほど!」と言わせる旬の一皿"、枻出版「暮らし上手」"サカナ日和"連載中。料理研究家、栗原はるみの長女


≪場所≫
AL 2F Kitchen Studio
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-5722-9799
(accessのページより地図をご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、アイマークゲートビル(1F ファミリーマート)の真裏です。
駐車場はございませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。

主催: ㈱クリトモ