2017-09-01

福津宣人 個展「溶けてゆく模様」

A man taking a floating glass 1134 0116 2017 Ⓒ Nobuto Fukutsu

福津宣人個展「溶けてゆく模様」

会期:2017年9月16日 (土) - 26日 (火)
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:0019:00(最終日のみ〜18:00
電話:03-5722-9799
・会期中イベント・
【 ギャラリートーク 】2017年9 月16日(土)18:30~19:00作品解説=福津宣人 聞き手=岡安 泉(照明デザイナー)

「あらゆるものは模様のようなもの」との定義に基づき、パターン・ペインティングという絵画様式で優れた創作を続けている、福津宣人氏。絵筆で塗り作る細かいパターン文様をマトリックスとしながら、彼の眼に映る風景や人物を描いています。その方法論は一見遠回りな描画法に見えますが、描写対象の「具体」と、パターンという「抽象」の間にある無限の広がりへと見る者を手招きするような、不思議な感動に満ちています。
その絵画思想やプロセスへの取り組みは、絵画を超えた分野との親和力も強く、数多くの建築家たちとの盛んなコラボレーションも、彼の資質の一部を表しています。2016年には、増改築された春日大社国宝殿で、照明デザイナー岡安泉氏とともに常設インスタレーションを手がけたことでも話題となりました。
本展は、福津氏が約3年ぶりに開く個展です。筆やペインティングナイフを使い、雪の結晶の生成のように六角形の対角線を結ぶ手の動きだけで描く「パターンストローク」シリーズは高い評価を得ていますが、描く過程で偶発的に生み出された模様を拾い集めたり、そこから触発を受けての創作へ、常に変容への呼吸も止めないのが彼のクリエイションの最大の魅力。

本展では、近年スタートしたばかりの新しいシリーズや、
思考の過程で生み出されたドローイングなども含め、自薦の近作約30点を展示・販売いたします。また、ドローイングをあしらったオリジナルTシャツなども紹介・販売いたします。

福津宣人(ふくつのぶと) 画家/アーティスト
1969年、宮城県生まれ。東京都在住。映像クリエーターとして活動した後、画家の領域へと移行し、グラフィックパターンを使った独自の絵画様式を追究。建築家とのコラボレーションを含む着想豊かなアプローチは海外各都市での展覧会でも注目を集める。近年の個展に「光あるところ」(2013年、HAGI ART)、「光の模様」(2014年、GALLERY
SPEAK FOR)がある。「佐久島 遍路展」(2012年、三河・佐久島アートプラン21)など、グループ展にも多数参加。
2016年、春日大社国宝殿にて照明デザイナー岡安泉氏による常設インスタレーションの映像を監修。


【企画・主催】
GALLERY SPEAK FOR
http://www.galleryspeakfor.com/